マンションの査定時の注意点!金額に影響する要素を把握しておこう

見逃しがちなポイントとして、管理組合の活動具合

もしエレベーターがないのであれば、その分だけマイナスになってしまう場合もあるからです。
その他に見逃しがちなポイントとして、管理組合の活動具合が挙げられます。
また、メンテナンスを実施する頻度も肝心なポイントとして覚えておきましょう。
これらが行き届いていると、住民は安心して暮らしやすくなります。
セキュリティにも強く関係してくる要素であるため、購入を検討する際に気にする人はとても多いです。
防犯や防災は現代社会においてとても重視されており、それらに抜かりのない物件は自然と高値が付きやすくなっています。
オートロックで、24時間いつでも警備員が駆け付けてくれることを条件にする人は少なくありません。
共有部分の掃除も徹底されていて、どんなときでも気持ちよく暮らせる環境であれば評価は上がります。
ここまでは自室の状態以外の注意点を中心に述べましたが、もちろん自室の状態も重要な要素です。
綺麗なほうが高いのは確かですが、リフォームをしたからといって必ずしも金額が上がるわけではありません。
購入後に自分好みにリフォームしたいという人が多くいるからです。
したがって、売るための準備としてリフォームするのはおすすめできません。
費やした金額分だけ査定がアップしなければ損をすることになります。
一方で、嫌悪感を抱かれるような汚れや破損は修繕しておくのが得策です。
たとえば障子やクロスの破れは直しておいたほうが良いでしょう。
その他にも水漏れなどがあるなど、明らかに査定のマイナスになる要因については対策しておくのが無難です。

18年10月~12月のフラット35、申請・実績とも減少・・・(独)住宅金融支援機構#不動産 #マンション #査定 https://t.co/C75FzTr5Hr

— ピタットハウス板橋店  売買事業部 (@baibaieig) 2019年1月25日

査定に影響するポイントを把握しておくことが大切 / 眺望が大きく関係してくるケースも見受けられます / 見逃しがちなポイントとして、管理組合の活動具合